本文へスキップ

高野山真言宗 金光明四天王護国の寺 醫王山 飛騨国分寺

TEL. 0577-32-1395

〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83

醫王山 飛騨国分寺の概要(高野山真言宗)

天平13年(AD741)、聖武天皇は国分寺建立の詔勅を下し、諸国に国分寺と尼寺を造立せしまられた。
 僧寺には七重の塔を造り、金光明最勝王経を写し、封50戸、水田10町を施入し僧20人と定められた。その目的は金光明最勝王経の読誦講読による鎮護国家の理想実現と地方政治の確立、文化の開拓にあった。  
当飛騨の国分寺は、開基を行基菩薩とし、天平18年(AD746)草建されたという。天平勝宝元年(AD749)には大野郡大領飛騨国造高市麻呂は当寺に知識物を献じたので従五位下を授けられた。と「日本紀」に記されているが、当寺造営の消息を物語るものであろう。奈良朝当時の伽藍配置については、現境内に塔の中心礎石が現存して文部省の史蹟に指定されており、また現本堂の床下に旧金堂礎石群が残存して、宝塔と金堂が南面して併立していたことが実証される。  
平安朝に入って「弘仁十年八月飛騨国分寺炎上」と「日本逸史」に見えるが、間もなく再建されたものらしく、文徳天皇嘉祥三年(AD850)、飛騨の国講師徳厳が「安居修業、飛騨国分寺、毎年薫修」のことを上奏して許され(文徳実録)延喜式主税諸国出拳稲の条に「飛騨国分寺料五千束、文珠会料壱千束」と定められている。しかしながら以後の史料は中絶して明らかでない。
本堂は室町時代の建築。樹齢1250年以上といわれる大イチョウ、飛騨地方唯一の三重塔、本尊には薬師如来坐像等が安置されてます。


お知らせ新着情報

■大日如来供養法要

8月1日 午後7時半より
三重塔本尊 大日如来開帳供養法要
法要後『だんごまき』を行います。


三重塔は年2回(1月1日・8月1日)御開帳し
塔内に安置されてる金剛界の大日如来尊と胎蔵界の大日如来尊を直接拝んでいただけます。

■金剛界大日は、胸の前にあげた左拳の人差し指をのばし、右の拳をもって握る「智拳印」を結んでいます。

■胎蔵大日は、膝上で左の掌を仰けておき、その上に右の掌をかさね左右の親指の先を合わせ支える「法界定印」を結んでいます。

■大日如来尊の御真言は
おん あびらうんけん ばさら だどばん
合掌・礼拝をして3回唱えてください。
(ご真言とは梵語(サンスクリット)をそのまま音写したものです



國分寺シネマ2018國分寺シネマ

KOKUBUNJI OUTDOOR CINEMA 2018

今年の上映作品は、戦時中の広島・呉を描いた『この世界の片隅に』。上映日の8月4日は、広島原爆投下の2日前。上映にあわせて、高山出身で実際に戦争を体験された小峠良三氏(90)をお呼びし、講演『平和の尊さ ~元海軍特攻飛行兵~』を行います。
戦後73年、戦争の記憶が薄れつつある現代において、映画・講演を通して、あらためて戦争を考える「きっかけ」になることを願っています。

上映作品 『この世界の片隅に』(129分)
講演 『平和の尊さ』‐元海軍特攻飛行兵のことば‐
講師 小峠 良三(高山市千島町・90歳)
野外上映 入場無料
日時 8月4日(土)18:00 - 21:50
講演 18:00 - 19:15
上映 19:30 - 21:50
※ 雨天中止の場合は 8月 5日(日)同時刻開催
※ 両日雨天の場合は 国分寺内にて 同時刻開催

会場 飛騨國分寺境内
定員 約200席
主催 國分寺シネマ実行委員会


◆作品情報
文部科学省特別選定 青年・成人・家庭向き
「この世界の片隅に」(2016/129分) 監督:片渕須直 原作:こうの史世 声の出演:のん 音楽:コトリンゴ 2016年 第90回キネマ旬報 日本映画ベスト・テン第1位
第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門審査員賞

◆解 説
100年先に伝えたい珠玉のアニメーション。クラウドファンディングで3,374名のサポーターから39,121,920円の制作資金を集め、 日本全国からの「この映画が見たい」という声に支えられ完成した本作。徹底した原作追及、資料探求、現地調査、ヒアリングを積み重ね、 主人公の生きた世界をリアルに活き活きと描き出した。 戦時下の広島の軍港都市・呉を舞台に、この街に嫁いできたのんびり屋のヒロインが、物がなく苦労が絶えない日々の中で持ち前の明るさと しなやかさで、つつましくも心豊かな生活を送っていくさまと、そんなささやかな幸せが徐々に戦火に呑み込まれいく残酷な現実を、 丁寧な日常描写の積み重ねで描ききった、こうの史代の漫画を長編アニメ映画化。朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気女優となった 能年玲奈が"のん"名義でアニメ映画に初挑戦し、ヒロインの声を好演。 1944年(昭和19年)2月。18歳のすずは、突然の縁談話で海軍の街・呉へとお嫁にやってくる。新しい家族には、夫・周作、そして 周作の両親や義姉・径子、姪・晴美。配給物資が減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には 好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。1945年(昭和20年)3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、 すずが大切にしていたものが失われていく、そして、昭和20年の夏がやってくる。

◆注意事項
・駐車場は用意しておりませんので、お車・バイクでお越しの方は近くのコインパーキングなどをご使用ください。
・夜は冷え込む可能があります。上着、ズボン、ジャケットなどをおもちください。
・会場は野外ですので蚊などの虫がいます。虫よけスプレー等を各自でご用意ください。
・飲食の持ち込みは自由ですが、ゴミはご自身でお持ち帰りください。
・アルコールの過度の摂取にはお気をつけください。また、運転手の方の飲酒はご遠慮ください。
・指定場所以外での喫煙は、火事の原因や他の方のご迷惑になりますのでご遠慮ください。
・会場内外で騒ぐなど、周辺住民の方のご迷惑にならないようご配慮ください。
・カメラ(スマホ等含む)での上映作品の撮影は禁止とさせて頂きます。

※この事業は、高山市の支援(高山市文化振興支援)を受けて実施しています。




醫王山 飛騨国分寺

〒506-0007
岐阜県高山市総和町1-83

TEL 0577-32-1395

■毎月の行事
・ 8日 本尊薬師供
・21日 弘法大師供
・28日 不動明王護摩供





2018夏の寺子屋修業申込書


映画公式サイト





(admin)