本文へスキップ

高野山真言宗 金光明四天王護国の寺 醫王山 飛騨国分寺

TEL. 0577-32-1395

〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83

醫王山 飛騨国分寺の概要(高野山真言宗)

天平13年(AD741)、聖武天皇は国分寺建立の詔勅を下し、諸国に国分寺と尼寺を造立せしまられた。
 僧寺には七重の塔を造り、金光明最勝王経を写し、封50戸、水田10町を施入し僧20人と定められた。その目的は金光明最勝王経の読誦講読による鎮護国家の理想実現と地方政治の確立、文化の開拓にあった。  
当飛騨の国分寺は、開基を行基菩薩とし、天平18年(AD746)草建されたという。天平勝宝元年(AD749)には大野郡大領飛騨国造高市麻呂は当寺に知識物を献じたので従五位下を授けられた。と「日本紀」に記されているが、当寺造営の消息を物語るものであろう。奈良朝当時の伽藍配置については、現境内に塔の中心礎石が現存して文部省の史蹟に指定されており、また現本堂の床下に旧金堂礎石群が残存して、宝塔と金堂が南面して併立していたことが実証される。  
平安朝に入って「弘仁十年八月飛騨国分寺炎上」と「日本逸史」に見えるが、間もなく再建されたものらしく、文徳天皇嘉祥三年(AD850)、飛騨の国講師徳厳が「安居修業、飛騨国分寺、毎年薫修」のことを上奏して許され(文徳実録)延喜式主税諸国出拳稲の条に「飛騨国分寺料五千束、文珠会料壱千束」と定められている。しかしながら以後の史料は中絶して明らかでない。
本堂は室町時代の建築。樹齢1250年以上といわれる大イチョウ、飛騨地方唯一の三重塔、本尊には薬師如来坐像等が安置されてます。


ご注意ください。!!新着情報


大銀杏黄葉のシーズンをむかえ、多くの方にご参拝いただいておりますが、今年台風21号で国分寺大銀杏も甚大な被害を受けました。

国分寺大銀杏は、1953年(昭和28年)3月31日に、国の天然記念物に指定されているため 文化財保護法(第80条)において,「その現状を変更し,又はその保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは,文化庁長官の許可を受けなければならない.」と定められています。

そのため落下した大きな枝などは片づけれるのですが、上部で折れたり皮一枚で引っかかった状態で残ってる枝はそのままになっています。

立入禁止地域もありますので十分にご注意ください。

寺への黄葉・落葉時期等のお問合せはご遠慮下さい。
◆最新情報は『ひだっちブログ』にアップしていますので参考にしてください。




醫王山 飛騨国分寺

〒506-0007
岐阜県高山市総和町1-83

TEL 0577-32-1395

■毎月の行事
・ 8日 本尊薬師供
・21日 弘法大師供
・28日 不動明王護摩供








(admin)