本文へスキップ

高野山真言宗 金光明四天王護国の寺 醫王山 飛騨国分寺

TEL. 0577-32-1395

〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83

大銀杏 GINKGO

大銀杏概要

・国指定天然記念物 昭和28年3月31日
・樹 齢 推定1250年以上
・目通り 約10メートル
・樹 高 約28メートル


乳イチョウ物語

天平の昔、初めてここに七重の塔が建てられた時のこと、 どうしたことか、大工の棟梁が柱を間違って短く切ってしまったその時、棟梁の一人娘八重菊はいたって孝心深く、父の心配事を知り、色々考えた末、 「柱の上に枡組を作って補えば、却つて装飾になって美しいでしょ」と父に教えた。 塔は立派に完成し、その出来栄えは国中の評判となった。
そこで父の棟梁は自分の名誉を守るため八重菊を殺して境内に埋めてしまった。孝心深い八重菊は父の為に深く死を諦め 「願わくば十方の諸仏、わが亡き後永くこの寺を護って諸人を利益し、諸菩薩わが願いによって必ず女人の心願を満たされん事を」と祈って、自ら悲願の人柱となったのである。 八重菊の塚の上に一本のイチョウを植えられたが、今は根元に石の親子地蔵がまつられ古来、乳の出ない婦人が願かけをするので、「乳イチョウ」と呼ばれている。
昔から、国分寺のイチョウの葉が落ちれば雪が降る、とも言い慣らされている。
なお、国分寺のイチョウは雄(オス)の木なのでギンナンの実はできません。

  
たくさん垂下する気根(空気中に出る根)を乳房に見立て、「乳イチョウ」とも呼ばれている。  

大イチョウの黄葉

※寺への黄葉・落葉時期等のお問合せはご遠慮下さい。
◆最新情報は『ひだっちブログ』にアップしていますので参考にしてください。

  

大イチョウと二十四節気(にじゅうしせっき)

日本には、二十四節気(にじゅうしせっき)という季節を表す名称があります 。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けた24の期間を表します。そのうち立冬(りっとう 11月7日〜11月21日)は暦の上では冬に入ると言われ、小雪(しょうせつ 11月22日〜12月6日)は小雪が降り始める頃といわれています。
国分寺のイチョウもだいたい立冬前後から色付き始め小雪向かえる頃にします。その様はその年の天候により様々な変化を見せます。

       
2017年度イチョウのようす。最新情報はひだっちブログ
2017.1123 2017.11.26 2017.11.28  2017.12.03(完了)
2017.11.12 2017.11.19(みぞれ) 2017.11.21(降雪) 2017.11.22(小雪
2017.10.26 2017.10.31 2017.11.05 2017.11.07(立冬





2016年度イチョウのようす。
 2016.11.23  2016.11.24(初冠雪) 2016.11.28  2016.12.07(初氷)
2016.11.07(立冬) 2016.11.13  2016.11.20(ピーク) 2016.11.22

   ■2015年度イチョウのようす。
       
2015.12.01  2015.12.07 2015.12.09(落葉完了) 2015.12.31
       
 2015.11.05  2015.11.10  2015.11.15(11時)  2015.11.27(初雪)

■平成27年11月15日から11月27日の初雪までのようす。


   ■2014年度黄葉のようす
       
 2014.11.04  2014.11.10  2014.11.18(ピーク)  2014.12.02(初雪)
2014年11月20日落葉の時

醫王山 飛騨国分寺

〒506-0007
岐阜県高山市総和町1-83

TEL 0577-32-1395

■毎月の行事
・ 8日 本尊薬師供
・21日 弘法大師供
・28日 不動明王護摩供