本文へスキップ

高野山真言宗 金光明四天王護国の寺 醫王山 飛騨国分寺

TEL. 0577-32-1395

〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83

厄除けGOOD LUCK CHARM

節分星まつり・北斗大護摩供祈願

 厄除・開運を祈る大護摩供を焚き、祈願した後は豆まきが行われます。
二十四節気の季節の始まりを示す立春、立夏、立秋、立冬の前日はいずれも節分なのですが、旧暦では立春が年の始まりにあたったことから、この節目が特に重要視されて節分といえば立春の前日をさすようになったのです。
炒った豆を年男が「鬼は外、鬼は外、福は内」呼びながらまき。このときまかれた豆を自分の歳の数だけ食べ、一年の無病息災を願う風習があります。 なぜ豆をまくかというと、穀物には「邪気を払う霊力」があると考えられ、豆をまくことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込むと考えられているのです。


令和3年度は、立春が2月3日になるため、立春の前日が節分になるという決まりに従い、2月2日に『節分星まつり』を行います。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為法要は
・2月2日午前10時
・2月2日午後7時
の2座、ご焼香のみです。
豆まきは行いません。(絵馬くじあり)


厄年について


人は数年間も平穏な年が続くと、ともすると気楽に時を過ごし油断をしている時に、「厄年」が廻ってくることになります。勿論、厄年には必ず人は災難に遭うというわけではありませんから、無闇に敬遠したり、萎縮したりするのは行過ぎです。
しかし人はいつまでも良い時ばかり続くとは限りません。その災難を未然に喰い止め、又、最小限に抑えるために、この厄年は自分の心の緊張度をチェックする年と考えて、自分の健康・精神・事業・家庭の各方面から再点検することによって自分と同時に家庭全部の幸福を厄災から守るようにしましょう。
時代や地方によって諸説がありますが
・男子は42歳(数え年)
・女子は33歳(数え年)
を大厄(たいやく)といい、その前後を含めて3年間は災難がふりかかる事が多いので、身を慎むようにという風習があります。

令和3年(2021年)厄年(本厄)

男子・本厄

25歳(平成9年生・うし)
42歳(昭和55年生・さる)
61歳(昭和36年生・うし)

女子・本厄

19歳(平成15年生・ひつじ)
33歳(平成元年生・へび)
37歳(昭和60生・うし)
61歳(昭和36年生・うし)

※年齢は数え歳です。
※大厄の前後の年齢は「前厄」・「後厄」と呼ばれています。
※節分星祭(令和3年2月2日)御祈祷のお申し込みは随時行っております。(受付時間:午前9時より午後4時まで)


醫王山 飛騨国分寺

〒506-0007
岐阜県高山市総和町1-83

TEL 0577-32-1395