本文へスキップ

高野山真言宗 金光明四天王護国の寺 醫王山 飛騨国分寺

TEL. 0577-32-1395

〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83

◆飛騨国分寺の概要

 天平13年(741)、聖武天皇は「国分寺建立の詔(みことのり)」を下し、奈良の東大寺を総国分寺として、全国約60ヶ所の各国に「国分寺(金光明四天王護国之寺)」を建立しました。各国分寺には七重塔を造り、『金光明最勝王経』が安置されました。その目的は、『金光明最勝王経』の読誦講読による鎮護国家と、地方政治の確立、文化の開拓にありました。寺の財源として、封戸50戸と水田10町が施され、僧侶は20人と定められました。

 当寺は、飛騨国の国分寺のため、通称「飛騨国分寺」と呼ばれています。開基は行基菩薩と伝わっており、天平18年(746)頃に創建されました。境内の樹齢約1250年の大イチョウ(国天然記念物)は、創建当初に植えられたと伝わっています。また、創建当時の伽藍配置については、境内に七重塔の礎石(国史蹟)が現存しています。本堂の床下には、旧金堂礎石群が残存しており、七重塔と金堂が南面して併立していたことが分かっています。

 平安時代に入り、火災や台風などにより堂宇の焼失と再建を繰り返し、現在の本堂(国重文)は、室町時代中期以前に再建されたものです。本堂内陣には、本尊「薬師瑠璃光如来(国重文)」、「聖観世音菩薩(国重文)」、「阿弥陀如来(県重文)」、「木鶴大明神(市文化財)」、「弁才天(円空仏)」などが安置されてます。

飛騨地方唯一の三重塔(県重文)は、文政4年(1821)に飛騨匠三代目水間相模によって再建されました。

飛騨国分寺は、創建から1200年を超えて、飛騨の国と飛騨の人々を見守ってきた、この地方随一の古刹です。


年末年始の行事

●大晦日 除夜心経会(じょやしんぎょうえ) 
12月31日23:00~(本堂)

般若心経を108回お唱えして、旧年の反省と新年の祈願、そして世の中の平穏を祈る、当寺の伝統法会です。
ご一緒に般若心経をお唱えして、清浄な気持ちになり、新たな年を迎えましょう。
(途中参加・途中退出可)

●除夜の鐘(じょやのかね)108回
12月31日23:45~(鐘楼)
 どなたさまでも撞いていただけます。



●令和6年1月1日~3日 修正会(しゅしょうえ)

・元旦 10:00~ 両部大日如来(三重塔)
当寺の新年初の法会。年に2度の三重塔の御開帳(1/1・8/1)の内の一回です。

・元旦 14:00~ 弘法大師(大師堂)
新年初、真言宗宗祖お大師さま(空海)への報恩法会です。

・2日 10:00~ 本尊薬師如来(本堂)
新年初、ご本尊薬師如来瑠璃光如来への報恩法会です。

・2日 14:00~ 聖観世音菩薩(本堂)
新年初、聖帰音ならびに本堂内のその他の諸仏・諸菩薩・諸弁天さまへの報恩法会です。

・3日 10:00~ 不動明王(護摩堂)
新年初、護摩堂の本尊である大聖不動明王への報恩法会です。

・3日 14:00~ 大黒天(大師郷)
年に一度の大黒天(福の神)の御祈祷をこの日に執り行います。

※修正会の三が日にご祈禱した「御札」を、1月4日に飛騨地域のご希望されているお宅にお配りしています。
 御札をご希望の場合は、寺務所にてお申込みください。


FACEBOOK



ナビゲーション

醫王山 飛騨国分寺

〒506-0007
岐阜県高山市総和町1-83

TEL 0577-32-1395

■毎月の行事
・ 8日 本尊薬師供
・21日 弘法大師供
・28日 不動明王護摩供